取材現場から「津市出身の義足ランナー 世界の頂点を目指す」


 
2017.7.25.(火)

津市出身の陸上競技選手、前川楓さん。明るく笑顔が素敵な19歳です。
7月23日までロンドンで行われていた「世界パラ陸上選手権」に出場し、女子走り幅跳びで見事、銀メダルを獲得、100メートルでは5位入賞、世界で活躍しています。

中学時代はバスケットボール部に所属していた前川さんは、中学3年生のとき、交通事故にあい、回復の見込みがなかった右足を、ひざ上から切断しました。
事故直後は、痛みと闘うことが苦しかったと語る前川さん。痛みが落ち着いてくると、今後に対する不安でいっぱいになったといいます。もう一度、バスケットボールができるのか、友達と一緒に買い物できるのか…。

しばらくは、松葉づえ生活を送っていましたが、一人の医師と出会い、高校生のとき初めて義足を装着し、その後、医師の勧めもあって、陸上競技を始めました。

陸上競技にのめり込んでいったという前川さんは、「こんなにも今、燃えているものがあることは、すごく嬉しいことで、陸上と出会ったから今こんなに幸せなのだと思う」と満面の笑みを見せました。

前川さんに陸上競技を勧めた医師が、整形外科医の加藤弘明先生です。加藤先生は、いなべ市の日下病院の、義足や義手の専門外来で、理学療法士などとチームで、障がいのある人たちをサポートしています。義足や義手の可能性について「義足や義手、リハビリテーションは日々進歩している。可能性は無限大、やりたいことがどんどんできるようになっていくと思う」と話します。専門外来に通う患者さんは、事故や病気など様々な理由で手や足を失いながらも、自身の目標に向かってリハビリを続けています。リハビリ室は、温かい雰囲気で笑顔にあふれ、前向きなみなさんの姿が印象的でした。

前川さんは、2020年の東京パラリンピックで金メダル獲得“世界の頂点”を目指しています。
8月1日(火)午後6時からの番組「とってもワクドキ!」では、前川さんに生出演していただく予定です。陸上に対する思い、そして銀メダルに輝いたロンドンでの競技や、今後の展望などについて詳しくお話をうかがっていきます。ぜひご覧ください!!
記事URL|投稿者:川田真梨子

デスク席から(36)「海の日」に思う


 
2017.7.17.(月)

 7月17日は「海の日」。
海といえば、伊賀に住んでいた子どもの頃、夏休みに両親に連れられ、汽車とバスを乗り継いで津市の御殿場海岸に泳ぎに行ったことを思い出します。天気も良く、大変な人出でした。
 社会人になってからは、大学時代の友人と志摩の海に行き、その水の美しさに驚きました。日焼けで真っ赤になった経験も。

 「海の日」に合わせて、日本財団が全国の1万1600人を対象に、海に関する意識調査を行いました。
 その結果、約半数(52%)が「海が好き」と回答。一方、海への親しみをたずねた質問では、10代の43%が、あまり親しみを感じていないことがわかりました。
 また、小学生時代に一度も海に行ったことがない人のうち44%が「生態系の変化や乱獲で、いま食べている魚が食べられなくなる」という認識が薄いことも浮き彫りになりました。
 日本財団の笹川陽平会長は、13日に開いた記者会見で「海に守られてきた日本から、海を守る日本に」と強調。

 そんな中、海について知ってもらおうというプロジェクトが三重県でもスタートしました。「海と日本プロジェクト」です。三重テレビでは、番組を放送したり、首長のインタビューを流したり、小学生の皆さんを対象にした「みえのうみ通信社」を企画したりと、様々な取り組みを行います。
 17日には通信社の「開局式」が三重テレビ本社であり、大勢のこども記者の皆さんが集まって説明を聞いてくれました。
 私達も記者なら、「みえのうみ通信社」のみんなも記者。若い澄んだ目で三重県と海の関係を見つめてもらえれば、とても良い新聞が出来るものと期待しています。
 推進リーダーを務める月島満里子さんや三重テレビの社員も“先輩記者”として、お手伝いさせてもらいます。
1
「こども記者の皆さん」
記事URL|投稿者:小川秀幸