デスク席から(45)「この場所を照らすメロディ」


 
2018.5.30.(水)

 ハンセン病と三重県の関係を長年取材してきた関係で、国立ハンセン病資料館(東京都東村山市)に、年に数回行かせて頂きます。
 毎回様々なテーマで企画展を開催されていますが、今回のテーマは「この場所を照らすメロディ」。(7月31日まで開催)
 全国のハンセン病療養所で行われていた音楽活動がテーマです。長島愛生園(岡山県)の青い鳥楽団、松丘保養園(青森県)の楓音楽クラブ、星塚敬愛園(鹿児島県)のブルースカイ楽団など、各療養所には、楽団や音楽サークルがありました。
 目が見えない入所者も多かったことから、ある人は点字の楽譜を舌読し、ある人は不自由な手で楽器と向かい合いました。そして、園内外で演奏活動を行ったのです。
 企画展の会場では、かつての写真や映像を見ることができるほか、実際に使われた楽器の数々も展示されています。バイオリン、マンドリン、ギター、サックス、ハーモニカ…。入所者は、身体の状態に合わせた楽器を選んだようです。
 また会場には、「青い鳥行進曲」など青い鳥楽団の(かつての)演奏が流れていましたが、様々な背景を知った上で聞くと、感じるものが違います。
1

2
 
 ところで、資料館は常設展も充実していて、ハンセン病に関する歴史や、元患者の闘いの足跡、現在も残る課題などが展示されています。

 久しぶりに常設展の会場に入った私は、最後の部屋で足がとまりました。それは「取り戻せていないもの」と題がつけられたガラスケースで、中には、4つのワードのみが展示されていました。
 それは……「社会との共生」「家族との絆」「入所前の生活」「人生の選択肢」。
文字だけのシンプル展示ゆえ、より心に響きました。
 国立ハンセン病資料館…ぜひ足を運んでみて下さい。西武池袋線・清瀬駅からバスで約10分。月曜日が原則休館です。

 なお、三重テレビ放送では、Yahoo!ニュース特集と共同で、ハンセン病に関する特集の配信を行っています。ぜひご覧ください。
記事URL|投稿者:小川 秀幸

デスク席から(44)「今月も注目を」


 
2018.5.14.(月)

 三重テレビ放送ではいま、いくつかのドキュメンタリーを制作しています。

 まず小さな種が芽を出すとき〜地域医療にかける若き医師〜。過疎が進む紀南地域で医療活動を続ける医師にスポットをあて、取材・編集に奮闘しています。若き医師はどうして過疎地の医療に力を尽くすのか?昨年から取材してきた内容を55分にまとめました。5月28日(月)午後8時から放送です。 
2

 「学校」を追った番組も。三重テレビニュースウィズでは、児童数の減少により3月で閉校になった志摩市の安乗小学校を特集で取材してきました。番組では、昨年秋からの安乗地区の表情をお伝えするほか、かつて地域から学校が消えた県内外の自治体のその後も取材し、学校がなくなった後に地域が生き残る姿を展望します。まなび舎は、5月30日(水)午後8時から放送です。
いずれも、若手ディレクター渾身の作。

 また、年始に放送し好評をいただいた「行者のみち〜比叡山千日回峰行者の祈り〜」5月24日(木)の午後10時15分から再放送が決定。大変な修行を続ける行者に長期間密着した貴重な映像に注目を。語りは松平健さんです。

 そして、夏の高校野球が100回大会迎えることを記念し制作した「HEROES〜あの夏、僕らは白球を追いかけた〜」5月19日(土)正午から再放送!県大会の決勝を中心に、過去の熱戦の映像をご覧いただけるほか、三重テレビの高校野球中継を盛り上げてくれた方々も出演。

 そして、これは放送ではありませんが、私が2001年から取材してきたハンセン病問題。2月にYahoo!の記者・カメラマンの方と、岡山県にある国立ハンセン病療養所・長島愛生園を訪ねました。入所者自治会長の中尾伸治さんや、主任学芸員の田村朋久さんのインタビューを中心に、差別の過去と、将来への展望をまとめています。「Yahoo!ニュース特集」…ぜひご覧ください。
1
(撮影:後藤勝さん)

今月も、三重テレビ放送がお送りする番組やコンテンツにご期待ください!
記事URL|投稿者:小川 秀幸