古代ロマンを感じよう♪♪


若林 希
2017.7.4.(火)

みなさん、『まいぶん祭』をご存知ですか?
三重県埋蔵文化センターが毎年夏休みに開いている催しで、
本物の土器に触ったり、勾玉をつくったりできるとあって、
毎年、子どもたちに大人気なんです。
今年は、8月22日、23日、24日の開催(7月20日必着で申込みが必要)です。

埋蔵物から歴史を知る、古代に思いを馳せるって、やっぱりロマンがありますよね。

今月21日放送の『県政チャンネル〜輝け三重人〜』では、そんな歴史ロマン溢れる
三重県埋蔵文化センターのお仕事をご紹介しています!!

三重県埋蔵文化センターでは、開発により、
やむなく壊されてしまう遺跡の発掘調査を行っているということで、
私も、松阪市にある弥五郎垣内遺跡を訪れ、発掘調査を体験してきました!!

そして、なんと、古代の遺物(土師器の破片と思われるもの)を、発掘しちゃいました!!!
1

ビギナーズラックです!!調査員の方々も驚いていました!!!
発掘調査は、ある程度の深さまで重機で掘ったら、あとは、手作業で、住居跡などを掘り続けていきます。本当に地道で、夏の暑い日には大変な作業です。
だからこそ、見つけたときの喜びは一入だそうです。

まいぶん祭は、そんな調査員たちの思いを知る場でもあるのかな、と思います。
番組の放送日には、もう申込みを締め切っているので、ぜひ、興味のある方は、
お早めにお申込みくださいね。

♪♪県政チャンネル〜輝け三重人〜♪♪
私の担当する「現場に聞こう!」は、7月21日、夜10時15分〜放送です☆
記事URL| 投稿者:若林 希