取材現場から「津市出身の義足ランナー 世界の頂点を目指す」



カテゴリー:取材現場から
2017.7.25.(火)

津市出身の陸上競技選手、前川楓さん。明るく笑顔が素敵な19歳です。
7月23日までロンドンで行われていた「世界パラ陸上選手権」に出場し、女子走り幅跳びで見事、銀メダルを獲得、100メートルでは5位入賞、世界で活躍しています。

中学時代はバスケットボール部に所属していた前川さんは、中学3年生のとき、交通事故にあい、回復の見込みがなかった右足を、ひざ上から切断しました。
事故直後は、痛みと闘うことが苦しかったと語る前川さん。痛みが落ち着いてくると、今後に対する不安でいっぱいになったといいます。もう一度、バスケットボールができるのか、友達と一緒に買い物できるのか…。

しばらくは、松葉づえ生活を送っていましたが、一人の医師と出会い、高校生のとき初めて義足を装着し、その後、医師の勧めもあって、陸上競技を始めました。

陸上競技にのめり込んでいったという前川さんは、「こんなにも今、燃えているものがあることは、すごく嬉しいことで、陸上と出会ったから今こんなに幸せなのだと思う」と満面の笑みを見せました。

前川さんに陸上競技を勧めた医師が、整形外科医の加藤弘明先生です。加藤先生は、いなべ市の日下病院の、義足や義手の専門外来で、理学療法士などとチームで、障がいのある人たちをサポートしています。義足や義手の可能性について「義足や義手、リハビリテーションは日々進歩している。可能性は無限大、やりたいことがどんどんできるようになっていくと思う」と話します。専門外来に通う患者さんは、事故や病気など様々な理由で手や足を失いながらも、自身の目標に向かってリハビリを続けています。リハビリ室は、温かい雰囲気で笑顔にあふれ、前向きなみなさんの姿が印象的でした。

前川さんは、2020年の東京パラリンピックで金メダル獲得“世界の頂点”を目指しています。
8月1日(火)午後6時からの番組「とってもワクドキ!」では、前川さんに生出演していただく予定です。陸上に対する思い、そして銀メダルに輝いたロンドンでの競技や、今後の展望などについて詳しくお話をうかがっていきます。ぜひご覧ください!!
記事URL | 投稿者:川田真梨子|コメント(0)