真のチャンピオン、そして2020年東京


中久木大力
2017.8.16.(水)

日本中を沸かせたリオデジャネイロオリンピックから一年。
三重県に歓喜の渦を作った選手の一人が、三重県松阪市出身のレスリング女子69s級の土性 沙羅選手です。
至学館大学で行われた公開練習へ取材に訪れると、開幕が21日に迫ったレスリング世界選手権に向けて、汗を流す土性選手の姿がありました。
練習中の相手を見る鋭い目、俊敏な動き、休憩中に端で佇むオーラは金メダリストの威厳を感じさせられ、一人で緊張していましたが、、、練習後にお話を伺うと「めちゃくちゃ親しみやすい女の子」で、そのギャップにビックリしました(笑)

去年、初めてのオリンピック出場で金メダルを獲得した土性選手。
あれから一年。今回、いよいよ始まる世界選手権への熱い想いを聞きました!
土性選手の話から聞こえた「真のチャンピオン」「東京オリンピック」という言葉。
8月16日 17時40分からの三重テレビニュースウィズで放送します!

土性選手、ありがとうございました!
世界選手権!遠く離れた三重県から応援しています!

記事URL| 投稿者:中久木 大力