20回目の安濃津よさこい


一色 克美
2017.10.4.(水)

1997年10月、僕は三重テレビに入社した。
期待の新人だった記憶はない。フリーターからの転身で、社内報の新人紹介に、恐ろしくやる気のない自己紹介を書いていたことは、最近の大掃除で色あせた社内報を発見して気が付いた。それから20年。僕はやる気に満ち溢れた社会人になった。問題はやる気を出すべきところを間違えることくらいだ。

僕と同じく20回目の開催を迎えるのが、津まつりの「安濃津よさこい」だ。かれこれ干支がひと回りするくらい中継番組の司会を担当させてもらっている。これだけ長く担当していたら、会場で踊り手の皆さんに声をかけられたり、握手を求められたりしそうなものだが、まぁそんなことはほぼ皆無と言っていい。やる気の出しどころもわからなければ、存在感の出し方もわからない。オーラの消し方が上手いのは持って生まれた才能だ。

高校野球は18年、ちびっこマラソンは12年、市町対抗駅伝は10年続けた。長くやれば上手くなるというのは間違いだ。ニュースなど20年やっていても、1999年くらいの僕の方が上手く読んでいたりする。安濃津よさこいの司会は、もはや上手いのか下手なのかさえわからない。踊りを見て雑談をしていたら3時間たっていたというような内容で、番組終了後には毎年「しょうもないことばかり言うて」「公共の電波を無駄に使っている」などと言われる。さすがに、本番直前になって「放送で言っちゃいけないことは言っちゃだめだぞ」と上司にくぎを刺された時には、少しヘコんだ。いったいどんなことを喋ってきたら、そんな注意を受けるのだろう。

もっとも、演舞さえきちんと見せて、解説者がきちんと喋ってくれさえすれば、僕は黙っていても番組は成立するのだが…。

というわけで、20回目の安濃津よさこい。今年はファイナルステージに挑む各チーム以外にも、久しぶりに登場するゲストチームもあって見どころは満載。たっぷりとお届けしたい。どうぞご覧ください。

なお、津まつりにお出かけの際は、三重テレビのブースにもお立ち寄りください。

踊れ!頂点つかめ!津まつり 第20回安濃津よさこい
[10月8日(日) 18:45〜21:30 生中継!]
記事URL| 投稿者:一色 克美