絵で語り継ぐ戦争



カテゴリー:取材現場から
2017.10.31.(火)

テレビで特番が流れていたりするとチャンネルを変えるくらい、私の人生で避けてきたことがある。

この夏、ひとりの女性と出会った。道に迷った私たち取材陣に、「こっちだよ」とぴょんぴょんと飛び跳ねて合図をしてくれる姿は、とても82歳とは思えなかった。

「後世に伝え残していくことが、生き残ったものの使命」と彼女は話してくれた。
私が避けていたこと、それは「戦争」。
学校の授業でも、心が締め付けられる思いにかられ、できるだけ耳を塞いでいた。

でも、今回は違った。
仕事だからとかではなく、彼女の話はなぜかスルリと心に染み込んできて、インタビュー中に2人で涙した。

明日がこないかもしれない時代。
幼馴染を亡くしたこと、目の前で消えていく命の灯火、
家も焼け辺り一面が火の海となり、
焼け野原となった光景、その匂い…
そんなこと今までの人生で想像もしてこなかった。今でも見当も付かない。

消したくても消せなかった「10歳の少女が見た戦争の記憶」は、確かに私の心に伝わりバトンが渡された。

10月31日放送のニュースウィズ 「絵で語り継ぐ戦争」是非ご覧ください。

1

2
記事URL | 投稿者:稲森 彩|コメント(0)