DeNAドラフト1位指名 東投手に聞く!!


若林 希
2017.11.28.(火)

四日市市出身で、DeNAからドラフト1位で指名され、先日正式に入団した
東 克樹投手に、ルーキーイヤーの抱負を聞いてきました。

「10勝と、新人王をとること!」

見た目もとても爽やかで、好青年というのにふさわしい彼が、
まっすぐ目を見ながら語ってくれた、1年目の目標。
これは、、、人気が出るだろうなぁ。
1

愛工大名電では、3度の甲子園を経験、
立命館大学では、2度のノーヒットノーランを達成、
侍ジャパンでも大活躍・・・
華やかな経歴の持ち主ですが、意外にも、プロを決意したのは、今年の春だそうです。

大学2年生の秋にケガをしたことで、体重が増え、それがかえって、球を重くし、
今年の春、ストレートの球速が、最速の152キロをマーク!

「僕って、とても運がいいんです!」

と、白い歯をキラリと輝かせていました。
確かに、怪我をした時期がもう少し遅かったら、ドラフトに、間に合わなかったかもしれない。運も実力、むしろ、プロの世界では、その運こそが大事なのかもしれない。
そして、逆境を力に変えられる選手なんだなぁと感じました。

そして、もう一つ、運がいいと言っていたことがありました。
それは、中学生のときに所属していた、地元・四日市の野球チームと出会えたこと。

野球の基礎を学び、たくさん走り込んで、どこへ行ってもやっていけると思わせてくれたチームだったそうです。

中学卒業後、ずっと県外で頑張っていた選手ですが、三重のことを『原点』と話してくれたことがとても嬉しかったです。

私の大好きな三重県の出身で、大切なふるさと、横浜でデビューする東投手。
親近感を持たずにはいられません。ずっと応援しています!!

東投手のインタビューの模様は、あす11月29日(東投手の22歳のお誕生日♪)、
三重テレビ ニュースウィズの中でご紹介します☆
記事URL| 投稿者:若林 希