デスク席から(43)「海外の方もご覧ください!」



カテゴリー:デスク席から
2018.4.4.(水)

2001年から、ハンセン病療養所で暮らす三重県出身の方々を取材してきました。
様々なテーマがありました。三重県庁の元ハンセン病担当官と入所者の絆、ハンセン病回復者の63年ぶりの帰郷、戦争に翻弄された病、県主催の「里帰り事業」の半世紀。
そして、療養所で暮らす皆さんの日常や素朴な声を届けたいと制作した番組が「大ちゃんと為さん」でした。(2016年12月に初回放送)
長島愛生園(岡山県)で暮らす吉田大作さんと川北為俊さん、それに邑久光明園(同)の松田さんご夫妻(仮名)にスポットをあて、偏見の解消を訴えた番組です。
この番組を、NHKさんの国際放送(ワールドTV)で放送して頂くことになりました。
日本時間で、4月15日(日)の8時10分〜/14時10分〜/19時10分〜などの時間にOAされます。http://www.mietv.com/information/3100.html
ナレーションも字幕スーパーも英語で、NHKワールドTVのホームページでライブストリーミング配信されるほか、一部のケーブルテレビでも視聴が可能です。
(大きなニュースが入ってきた場合は変更の可能性があります)
私も完成版はまだ見ていないのですが、どんな雰囲気になっているのか、楽しみです。
ハンセン病に関して、日本では新たな患者の発生はほとんどありませんが、まだまだ病気に対する偏見は残っています。一方、世界では多くの患者が苦しい生活を余儀なくされているケースもあります。
様々な国・地域の皆さんにご覧いただければ嬉しいです。

1
【収容桟橋説明】

2
【長島愛生園(岡山県瀬戸内市)】
記事URL | 投稿者:小川 秀幸|コメント(0)